スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今どきは短期間でできるって?「歯科矯正」

JUGEMテーマ:歯科矯正

 

私は小学生の時に安城市 矯正歯科で矯正をしました。
あごが小さくて永久歯に生え変わった時に全部の歯が収まりきらず、ひどい八重歯でした。
何と、もう30年近く前の話(汗)。

今もそうだと思いますが、矯正歯科の矯正には保険が利きませんでした。
姉も裏側矯正したので、当時若かった親達にとっては大変な出費だったと思います。
しかも昔は矯正にけっこうな時間がかかりました。
私は8歳から14歳まで、裏側矯正装置をつけていましたから。

歯列を物理的に無理矢理整えても、それなりの時間を待たなければすぐに元に戻ってしまいます。
それが現在では、1〜2年で終わりなんだそうですね。
いったいどういう技術の進歩なのか!
私の親は、外見を気にし始める思春期に、歯がガタガタだったら不憫だからということで、早くに治療を始めたそうです。
結果論ですが、もう少し医療技術の進歩を待ってから治療した方が安上がりだったということになりますね。

治療中は通院のたび、ものすごい痛みに耐えてきました。
ジワジワといやーな痛み。歯ブラシが歯に当たるだけで痛い、あの恐怖感は今でもよく覚えています。
でもその甲斐あって、今は「笑顔がきれい」と言われる歯列を手に入れられて、ありがたいです。
親達に感謝です。

 

スポンサーサイト

コメント