スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

印象に残っているお葬式があります。

JUGEMテーマ:仏事

 

葬儀と言えばその人との最後のお別れ会という意識が強く、時に葬儀場は悲しみや弔問客たちのお悔やみの言葉がひそひそと聞こえてくる印象があったのですが、つい先日、こんな葬儀のやり方があったのかというちょっとビックリしたお葬式に弔問しました。
ご紹介したいサイトはコチラ千葉 葬儀になります。
そのお葬式は親戚の方が病気でお亡くなりになり出席することになったのですが、故人が「私の葬儀でみんなの悲しい顔は見たくない」という意向を闘病中から親族に伝えてあり、今回、喪主がその意向というか遺言に近いかもですが、なんとかみんなの悲しみが広がらないようなお葬式にしようという運びになりました。
必ず為になる千葉 永代供養についてのサイトです。
まず会場にBGMを設置(曲が流れているのは葬儀が始まる前までですが)。故人が好きだった演歌歌手の曲を流していました。お経を唱え終わり、火葬場に行く前の喪主の挨拶でも故人が楽しい雰囲気が好きだったので、悲しいお別れの話しはしないことを弔問客に伝え、そのあとは冗談を交えながら故人の楽しい思い出話をしてくれたのです。時には他の親族の方から鋭いツッコミをもらいながら、みんなで笑いあって挨拶は終了しました。
考え込む前にコチラの千葉 写経をご覧になりませんか?
そして極めつけはみんなで写真撮影でした。昔は結婚式と同じようにお葬式にも専用のカメラマンがいて親族で集合写真を撮ったらしい(またはそういう地域もあった)のですが、お葬式に写真を撮るという概念があまりなかったので衝撃でした。でも故人への愛情溢れる温かい思い出話を聞いたばかりなのでみんなニコニコしながら集まり撮影しました。
解決への第一歩は千葉 水子供養をお読み下さる事から始まります。
これまでお葬式では笑顔になってはいけないというマナーを教えてこられた私にとって、笑ったり、冗談を言い合っているお葬式は初めこそ少し違和感がありましたが終わってみれば、あぁいいお葬式だったなと感慨深いものがありました。
お葬式は故人との最後のお別れですが悲しみの涙で終わるよりも、感謝の笑顔で終わるお葬式もいいもんだなと思いました。
このサイトにたどり着いたのも何かの縁千葉 葬儀 格安をご覧頂ければ幸いです。

 

スポンサーサイト

コメント