スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

お気の毒だけど「強烈」としか思えない…

JUGEMテーマ:わきが・多汗症・腋臭症

バスケットボールが全国一位の大学に所属していた時の話です。
ネットで検索!ミラドライはココ。
私はバスケ部のマネージャーをしていました。私が大学1年生の時にスター選手だったキャプテンが、あろうことか「わきが」だったのです。
取材するスポーツ紙の記者達にまで知られており、取材の時は皆苦笑いしてインタビューしていたのが不憫だなぁと思いました。
みんな知ってる?→→ミラドライ 東京の秘訣。

でも、実際キャプテンに近づくと、けっこう強烈でした。
お気軽にご相談ください。わきが ミラドライで検索を。
今まで嗅いだことのないようなニオイ…たとえるなら、缶詰のミートソースが腐りかけているようなニオイが、汗をかいたキャプテンの周りに漂っているのです。

さすがに誰も「治せよ」とは言えないし、部員はネタにしながらも本人には絶対に言えませんでした。
インターネットで探すわきが 東京ならこちら。
しかし本人も気づいているのでは?と思いましたが、案外「汗臭さ」の一環として気づかないようです。
これは汗腺の問題なので、何かしら治療しない限りは治らないのでしょうね。
ご相談ください腋臭 東京←このサイト
せっかく大学日本一に導いた立役者であったキャプテンですが、私の中では強烈なニオイの記憶と共に現れてしまう人です。

スポンサーサイト

コメント