スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

世の中にはいろいろな葬儀があるみたいです

JUGEMテーマ:葬儀

葬儀っていうと、黒い服を着て、泣いている人や塞ぎ込んでいる人がいて、楽しそうにしているのはいても小さな子どもくらいで…。心配な方は<a href="http://www.socio-aska.co.jp/">いわき市 家族葬</a>チェックです

これが私たち日本人がイメージしやすい葬儀のイメージですよね。
私が今までの人生で出席した葬儀も全部そんな感じでした。
でも世界に目を向けてみると、必ずしもそうとは限らないようです。
どんな葬儀があるかというと、本当にいろいろで楽しそうに執り行う葬儀もあるくらいなのだとか。
これは当然、死者が出たことを喜んでという意味ではありません。
肉体からの魂の解放、新たな旅立ちを祝うという意味合いや、暗い顔をしていては死者も安心して成仏できないだろうからという理由で、敢えて参列者は楽しそうに振舞うのだそうです。
日本の暗いイメージがあるお葬式よりもそちらのほうが良いような気もしますが、よくよく考えるとそれは縁が浅い人たちだけ…縁が深かった人はやっぱり悲しみに沈むものですし、日本式のお葬式のほうが楽なのかも知れません。

スポンサーサイト

コメント