スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

施設費ってなに?その恩恵はどこに?

某大手音楽教室にも、個人のピアノ教室にもどちらも通っていた時期があり、その中ですごく不思議だった経験です。
大手さんの月謝の内訳には施設(設備)費が含まれています。これだけの建物を構えて、楽器を導入して、冷暖房完備…納得せざるを得ない状況ですね。楽器が壊れていたり冷暖房がつかなかったりすれば、レッスンにも支障が出ます。
なので、毎年少しずつ値上がりする月謝も、我慢我慢。
しかし、個人のピアノ教室に通った時、年に1度ですが施設費をとられたことがありました。
年間2000円。
大した額ではないのですが、納得がいかないのは次のような理由です。
・掃除されていない…フローリングの教室にはいつも綿埃。
・冷暖房がついていない…冬は寒く夏は暑い。レッスンの時間前に来て、レッスン環境を整えておくという考えがない。
・来るのが遅い…生徒と同時に教室に入るので、先生が何かする時間(カーテンをあけたり、ピアノのカバーをとったり)でレッスン時間がつぶれる。(すこし外れますが…)
・ピアノが変な音がする…調律してる?
教室の電気代や清掃用品代、調律代などは施設費に含まれませんか?
なんのための施設費なんでしょうかね?
冬は手がかじかみ、夏は暑くて集中できず、本当に最悪なピアノ教室でした。
転勤族で色々なピアノ教室に通いましたが、あとにも先にも、ここが一番ひどかったです。
解決への第一歩は岐阜 ピアノ教室をお読み下さる事から始まります。