スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

家庭の事情による供養の違い

JUGEMテーマ:手元供養

 

水子供養の形は、水子となる胎児を出してしまった時の条件と、男性と女性のその後の状況によって異なってきます。
辿り着いたのはこのサイト→愛知 水子供養ここから。
ありていに言うと、水子を出したその時の男女がそのまま結ばれている場合と、分かれている場合とです。
詳しく知りたい方は水子供養 愛知県で検索しよう。
前者については、若い男女が愛し合って子供をもうけたものの、周囲の状況や経済的な事情などによってやむなく出産できなかった場合や、子供が欲しかったものの流産してしまった夫婦などについては、位牌や地蔵尊などに家の名前や二人の名前が刻まれることが多いようです。「○○家水子の霊」あるいは表面に戒名を記して裏面に「○○家」とした位牌や、台石に夫婦の名前を彫り込んだ地蔵尊などです。
こちらは岐阜 水子供養のサイトです。
後者については、現在の家庭生活以前に水子を出してしまったものの、現在は幸福な生活を送っている一方でそのときの水子への罪の意識がある場合などがあります。この場合では現在の家庭があるために家に位牌を安置することはできません。
もしものために水子供養 岐阜しておこう。
そのため水子供養自体を秘密裏に行うことになりますが、そのことと供養を願う気持ちには関係はなく、尊いものです。
このサイトは愛知 水子供養についてです。