スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

老人ホームの食事とはどんなもの

JUGEMテーマ:介護

 

食事は老人ホームでの生活の楽しみの一つです。1日3食ホームで作られた食事を食べるので、食事がまずいと楽しみも減り、老人ホームでの生活がつらくなるかもしれませんね。食事で老人ホームを選ぶのもいいかもしれません。では、どんなものが食べられているのでしょうか。ある老人ホームの食事を見てみましょう。
朝はご飯・味噌汁・ウインナー・白菜の白和え、昼は肉うどん・シューマイ・キャベツのしらす和え・フルーツ、おやつにどら焼き、夜はご飯・味噌汁・肉団子と野菜の煮物・蓮根炒め・チンゲン菜の辛し和えとなっています。油っぽいものが苦手なお年寄りでも食べられる和食中心の食事です。おやつもついて甘いものの楽しみができます。気になる詳細は老人ホーム 八王子ここに書いてます。

カロリーは1500kcal以下で運動量の少ない高齢者のことを考えて作られています。
嚥下困難な方のために流動食やきざみ食を用意することもできます。自分で食べられるように食器にも工夫がされています。
季節の食材を取り入れたり、イベントを催すなど、楽しみを作っています。