スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遺言の代わりにエンディングノート

JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

 

私は遺言を書くような感じでエンディングノートを書いています。それらの立川の遺言にお越し下さい。
いつどこで事故にあって死ぬかもしれないし、人はどこでどういう風になるのかわからないので、自分が死んだ後、どうして欲しいのかを記しておくことは必要なことだと思うのでした。あれらの立川 成年後見へご連絡下さい。
それでエンディングノートを買って来て、それにいろいろなことを書いたり、貼ったりしています。遺言は必要なもので、自分が死んだあと、火葬にして欲しいのか、お墓に入りたいのか散骨して欲しいのか、持ち物はどういうふうに処分して欲しいのかなどを書いておくことは大切なことだと思うのでした。評判のいい立川 民事信託のHPをご覧ください。
私は病気がちなので、いつどうなるのかわからないので、遺言は大切なものだと思っています。遺産はありませんが、ブランド品など価値があるものは持っているので、それらをどうして欲しいかをエンディングノートに書いておきたいと思っています。このサイトで評判の立川 家族信託のサイトをご覧ください。
私は死んだら散骨して欲しいし、お葬式はあげて欲しくないので、その点だけははっきりと遺言に残したいです。ここに掲載されている立川 任意後見の資料をご覧ください。