スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

家のお葬式は家族葬でした

JUGEMテーマ:葬儀

 

家では始めてのお葬式が母のお葬式でした。生前より、葬儀は家族だけでしたほうがいいと言っていた母でしたので、家族葬にしました。よく知らない場合は岐阜 家族葬へ行ってみましょう。

お葬式はとても忙しくて、花を選んだり、棺を選んだり、遺影の写真を探したり、本当に忙しいものでした。
お通夜がすぎて、葬儀の日が来て、そのときに母のお姉さんと妹さんが来て、従兄もやってきました。狭い我が家の居間が人でいっぱいになりました。そして、私は遺影を抱いて、霊柩車に乗って葬儀場まで行きました。
私は現実味がなくて、なんだか夢を見ているような感じがしました。よくわからない場合は家族葬 岐阜市はどうでしょうか?

悲しいという感情が消えてしまっていたのです。お悩みならば岐阜 葬儀をお奨めします。

それで、葬儀場について、最後の別れをしました。そのときに少し泣けましたが、他のときには泣きたくても泣けなくなっていました。こちらの葬儀 岐阜で解決してみましょう。

火葬の間、ロビーで待っていましたが、かなり時間がかかったような気がしました。私はパンケーキを食べました。そして、母の遺骨を骨壺に入れて、葬儀が終わりました。これらの岐阜 葬式に電話をお願いします。