スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1年中ある厄よけの行事・おまじない

JUGEMテーマ:厄払いで開運

 

日本には、古来さまざまな厄よけのおまじないや行事があります。急ぎのときは厄除けへ行ってみましょう。

そしてそれは1年中、実に細かく沢山ありました。よければ厄年に電話をお願いします。


まず赤ちゃんが生まれた時。
今でも見かけますが、麻の葉模様の肌着を着せました。
これも厄よけです。もしよろしければ厄除けの兵庫で解決してみましょう。


2月の節分には、玄関に鰯の頭と柊を飾って鬼を追い払うのは、今でもかなりの家で見られる風習ですね。
もしよければ厄除けの大阪をお奨めします。

また、5月の節句には屋根に菖蒲の葉を葺きましたが、これも厄よけです。
菖蒲の葉は香りが強く、また、形が鋭くて剣に似ていることから、悪魔を払う力があるとされました。

神社では6月に水無月払え(みなつきはらえ)といって、境内に茅(ちがや)で作った輪を置き、これをくぐれば疫病や災いを払い清められるとされていました。
各地の神社で今も見られる風景です。

9月9日の重陽の節句には、邪気を払う溜めに香りの強い菊の花を浮かべた酒を飲む他、女性達は菊の花に真綿をかぶせ、菊の花の露で身体をぬぐうことによって不老長寿を願いました。

また何より強い厄よけのおなじないとされたのが、「急急如律令(きゅうきゅうにょりつりょう)」です。
悪魔を退散させる呪文で、「はやく律令の如くせよ」という意味です。
この五文字の呪文が、ありとあらゆる邪気悪霊をたちまち退散させる力があるとされました。
お困りでしたら厄払いはどうでしょうか?


皆さんも恐ろしい思いをした時は「急急如律令」と唱えると、身を守れるかもしれません。