スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遺言って一応用意しておいた方よいのか!

JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

 

年末年始、帰省された方も多いと思いますが、私も帰省しました際に遺言の話をされましたので、
そのことについて書きます。困ったら立川の遺言へ行ってみましょう。
当方の両親は現在のところ健在で健康状態もまあまあですが、
帰省した再「何かあったら遺言書をベッドの下に入れてあるから、何かあったらそこを探すように」どうしたらいいかわからない場合は立川 任意後見をお奨めします。

と言われました。
まだまだ元気だと思われた母からそのようなことを聞くとは思わなかったので、軽いショックと、
やはり人生、何があるかわからないので、母の行動は理にかなったものだと感心した次第でした。
ちなみに父は、血管が詰まったりして何度も手術したり、道端で倒れて(人通りの多い大通りだったのが幸いして)
寸前のところで命拾いしていますが、遺言めいたものは一切書いていないそうです。何かわからないことがある場合は立川 成年後見はどうでしょうか?

「むしろ父の方が書くべきだろ」とも思いましたが、ふと自分に関しても、
これは何かしら書いた方がよいのではと思うようになりました。不明確な点がありましたら立川 民事信託で解決してみましょう。
交通事故や何かしらの災害は年齢関係なく、むしろ働き盛りの我々の世代も、
もしもに備えて遺言をしたためておくべきなのかもと思いました。
どうすればいいかわからない場合は立川 家族信託に電話をお願いします。