スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

これで分かる行政書士

JUGEMテーマ:行政書士

 

お探しの司法書士 仙台←←ここ。
行政書士とは、ある法律、行政書士法に基づき、官公庁や都道府県、市町村などの行政機関に加え、警察署、保健所に提出する書類証明に関する契約書、議事録、会計帳簿、図面類などの作成、提出手続きの代理、作成に伴う相談に応ずることなどを仕事とする官公庁が指名した国家資格者のことです。
この行政書士になるのが、非常に難しいです。
行政書士の資格試験の合格率は、一桁台と超難関です。
合格基準は、法令などの分野が50パーセントの割合、一般知識などの分野が40パーセントの割合で点数を獲得することが必要です。
まずは独立できることが可能だと思っています。この不景気な世の中、会社に頼った生き方では不安だらけです。
自分自身で生き残る力が必要だと考えています。
それが実現可能な資格だと思っています。
「行政書士は、書類作成のプロ」。これが答えです。みなさんが昔、例えば就職活動で用意した履歴書以上の注意を払って作成しなければならない、質・量ともに手のかかる書類を、行政書士は日々相手にしています。
行政書士の前には、いつも書類があります。書類から発想、具現化するプロ、それが行政書士です。
是非みなさまも目指してみてはいかがでしょうか。