スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

副業としての翻訳の可能性?

JUGEMテーマ:翻訳

 

日本に生まれ育って日本語を母国語とするほとんどの方にとって、翻訳の世界というのはあまり関わったことのない世界でしょう。翻訳ができるようになるためには、少なくとも2つの言語に対する深い理解と造詣が必要だからです。日本人の場合は、英語などの外国語を苦手とする国民性も影響してか、翻訳は専門の業者に頼む場合がほとんどでしょう。
私は、たまたま幼少期から韓国語を学ぶ機会がありましたので、母国語である日本語に加えて、韓国語もほぼネイティブレベルに到達することができました。現地の方との電話やメール、対面でのやりとりには苦労しませんし、韓国ドラマも字幕なしで理解できます。
このようなバックグラウンドのせいか、翻訳・通訳を仕事として依頼されることがあります。実際には、契約書の翻訳や、帰化申請に必要な韓国戸籍の日本語への翻訳などを行ってきました。
ただ、副業として韓国語翻訳で食べていけるかと言えば、それは別問題です。翻訳はマーケットとしては小さく、副業としてやっていこうと思えば大胆に営業をしないといけないので、現実的には小遣い稼ぎにとどまっています。
結局、翻訳で生活費を稼ごうと思えば、副業としてではなく、本格的に取り組む、つまり、本業として取り組むしかないでしょう。
気掛かりな事はコチラ→契約書翻訳で解決しましょう!