スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

中傷への対処法

JUGEMテーマ:インターネット

 

 

あることないこと、他人の中傷するのが生きがいという人がいます。
私自身、そういう人の存在に悩まされた過去がありました。
当時は悩んでいたのでそれを人に相談しましたが、決まってこんな答えが返ってきます。
「人の口に戸はたてられぬ」と。
このサイトなら誹謗中傷対策安心です。

けれと、人の話しには尾ひれがつきます。
事実ならいざ知らず、事実でないことが一人歩きするのは我慢ができないと思う自分がいました。
相談しよう。風評被害対策について。

もちろん中傷されないように心掛けるに越したことはないのでしょうが、むやみに中傷するのを生きがいとする人にはそんな理屈は通用しません。
お探しの情報は誹謗中傷削除で詳しく調べよう。

けれどある日、ふと気づいたことがあります。
中傷する人は憶測でしか物を言わないのだと。
物事の本質を知らないからこそ、乏しい自分の物差しでしか判断するしかなく、判断しきれない部分を中傷という手段でつじつま合わせをするのです。
詳細はココから→風評被害削除←検索。
そう思えば中傷する人は知ったかぶりをする未熟な人だと思えるようになりました。
それが証拠にこんなことわざだってあるのです。
「人の噂も七十五日」

先に挙げた二つのことわざの本質は、中傷に対する一番の対処法は沈黙だと言いたいのだと思います。
ご説明します。関連検索ワード 削除を詳しく。

同じ土俵に立ってムキになって反論するより、沈黙を貫く方がはるかに賢く、自分の評価を下げずに済む、言ってみれば中傷する人には一番の反撃方法なのです。
相手は困った顔が見たいのですから。
売られたケンカには不買運動を貫き、その在庫は相手に持ち帰らせればいいのです。
きっと処分に困ることでしょう。