スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

気持ちの持ちようですが

JUGEMテーマ:厄払いで開運

毎年年末になると近所の神社の広告が入り、来年度の厄年が何年生まれの人なのかがわかるようになっています。緊急を要する場合は厄年へ来てください。
厄年など気にしないと思いつつも、広告を必ず見て自分の生まれ年が書いてあるかないかついつい確認してしまいます。

厄年を気にしないと言っているわけですから、厄除けについても全く気にもしていませんでした。
ですが、人生のうちに大厄と言わる年代の時さすがにお祓いに行った方が少しでも厄除けになるだろうと雨の降る中神社に出向いたことを思い出します。
気づかれた場合は厄除けの兵庫をお使い下さい。


自分自身の運が強い人というのは厄が家族や身の回りの人に行ってしまうと聞いたことがあります。
お早目に厄除けの大阪へメールをください。


私がまさにそれで、家族の入院、怪我が連続したためなんだか居ても経っていられなくなったのでした。
厄年に子供を産むと本人の厄除けになるという話を聞いたことがあります。
自分はちょうどその時に妊婦だったので、厄除け厄落としにはなったと思います。

ですが、家族はとばっちりを受けてしまっている形になってしまったので神社に厄除けの祈祷をしてもらいました。不明確な点がありましたら厄除けを御利用下さい。


気の持ちようかと思いますが、その後は特に家族にもトラブルもなく過ごせたと記憶しています。
どうすればいいかわからない場合は厄払いへお電話下さい。