スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

増えつつある納骨堂や永代供養墓

JUGEMテーマ:手元供養

 

最近、少子化などの影響で長崎 納骨堂や永代供養墓の需要が高まっているというニュースを見ました。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
納骨堂は、霊園などにある個々に遺骨を安置する場所ですが、維持管理費を支払い続ける限り永代使用できるという特徴があるのだそうです。通常は、こうした納骨堂に一定期間安置した後、それぞれのお墓に移して供養するのですが、最近では永代供養墓などの合祀墓タイプに移して供養するケースが多いのだそうです。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
永代供養墓は、霊園を管理している寺などが永代に渡って墓を管理してくれるため、子どもがいないなどの理由で、お墓を管理する人がいない場合などに利用されているのだそうです。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。

中には、子どもがいる場合でも、子どもに手間をかけさせたくないという理由で永代供養墓を選ぶ人もいるのだそうです。
こうしたお墓のあり方の多様化によって、納骨堂や永代供養墓が増えつつあるのだそうです。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
ただ、管理維持費の有無など金額にはばらつきがあるので、その点は確認する必要があるとのことです。