スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

遺言雑感

JUGEMテーマ:「終活」を考える 遺品整理・遺言など

 

昨年病気が見つかって、全身麻酔で手術することになりました。重篤な疾患ではないと言われましたが、さすがに最悪の場合をちょっと意識しました。私は一人暮らしなので、「エンディングノート作らなきゃ…」と思いつつ、結局手がつけられないまま手術となりました。このサイトで立川の遺言を御利用下さい。

その後無事生還し結局エンディングノートは作らないまま。でも自分の生活を見直して、不用品を処分したり、休眠口座や不要なクレジットカードを解約しました。お調べになる際には立川 成年後見へお電話下さい。


遺言が書きづらいのは、誰をターゲットに書いていいかわからないからというのがあります。私は未婚・子供なしで現在は両親と弟がいますが、実際自分の片づけをしてくれるのが誰なのか想像つかないので、お願いなどが思いつきにくいです。
検索する際には立川 任意後見へメールをください。

母一人子一人の友人のところでは、お母さんが思いつくと遺言をメールで送ってくるそうです。過去のメールをみんなまとめると、遺言が完成する仕組みです。後を頼む人が決まっている場合は、こんなのもいいかもしれません。
相談する際には立川 民事信託をお使い下さい。

でも、人生何があるかわかりません。一番いいのは、遺言などなくてもお片付けが滞りなく終わるよう日頃から自分の生き方を明確にし、身辺(物・情報・人間関係など)をきれいにしておくことだと思います。お探しする際には立川 家族信託へ来てください。