スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

飲食店のメニューを翻訳するときに気をつけること

JUGEMテーマ:通訳・翻訳

 

外国人観光客の増加に伴って、飲食店でもメニューを翻訳する店舗は増えてきています。特に和食に馴染みのない外国人が来店した際にメニューを外国語で説明することは困難で時間もかかります。そこでメニューの翻訳版があれば店舗も接客をする際にとても助かります。
しかし、飲食店の翻訳されたメニューの中には、ただメニューのタイトルを翻訳して中身が説明されてないものが多く見られます。例えば「親子丼」を「Oyakodon」とただローマ字表記しただけで何も説明文が加えられていないものは、翻訳したとは言えないでしょう。英語の場合は、「親子丼」という食べ物が、どのような素材を使ってどのような調理方法で作られた料理かを説明する一文を加えると親切です。
ただし、それでも和食を食べたことのない外国人にとってはイメージしづらいことがありますので、一番良いのは料理の写真をメニューと併記することです。そうすれば、翻訳された言語を話さない外国人が来店した場合でも指をさしながら注文できるのでとても効率的です。
貴方の疑問を即解決に導く契約書翻訳のサイトはコチラになります。